口唇ヘルペスとは

口唇ヘスペスとは口唇の周りにできる吹き出物です。

口唇の横が裂けたり、水ぶくれのようなものができたりします。
最初はヒリヒリ感がしてくるそうです。

ヘルペスはウイルス性の病気で、人へ感染します。
また一度なると、再発を繰り返し易いのも特徴です。
免疫を持っていれば、発症しても軽く済むそうですが、最近は免疫を持っている人が減ってきているそうです。

口唇ヘルペスの治療法

口唇ヘスペスは一度感染すると、体内からウイルスを排出することはできないそうです。

口唇ヘルペスに対する治療は、菌の増殖を抑制し、症状を軽減させる処置を行います。
早期に治療を行なえば、症状を悪化させることなく、早めの回復が期待できると言います。

治療法として、抗ウイルス薬を用いた方法や、ビタミン剤の投与、抗生物質などを投与し、治療を進めていきます。

チョコラBBプラスは、活性型ビタミンB2が、細胞の新陳代謝を助けて皮膚・粘膜の症状を改善し、口内炎・口唇炎を緩和し、また、5種類のビタミンB群が、食事から摂取した栄養素を効率よくエネルギーに変換し疲れをケアするビタミン剤です。

口唇ヘルペスの原因

口唇ヘルペスが発症する原因はウイルスの感染によるものです。
他にもビタミン不足や貧血、疲労などもヘルペスを発症させるきっかけになります。

一度ヘルペスに感染した人は、体内にずっとウイルスを持ち続けます。
疲労やストレスにより、体力が低下し免疫力が落ちているときに、ウイルスは暴れだしヘルペスを発症させます。
日頃から健全な生活を送ること、が発症を防ぐ特効薬ではないでしょうか。

口唇ヘルペスは感染する

口唇ヘルペスの感染力は非常に強く、同じコップを使用するなどの間接的な接触でも、すぐに感染してしまうそうです。

とくに抵抗力が低下しているときに、ヘルペスのウイルスに感染するとすぐに症状に現れます。
アトピーの人が感染すると、重症化することもあるほどです。
口唇ヘルペスのウイルスは、家族内で感染することが多いことで、別名「愛のウイルス」とも呼ばれているようです。

口唇ヘルペスと妊娠の関係について

妊娠中は、ホルモンバランスの崩れや抵抗力の低下により、口唇ヘルペスが発症しやすく、症状に悩まされる妊婦さんも少なくないそうです。

発症したからと言って、胎児に直接的な影響はありません。
しかし妊娠中は、もしものことがあってもいけないので、不用意な薬の使用は避けましょう。
ヘルペスは自然に治るものなので、無理に薬を使用する必要もありませんが、痛みが酷い場合は産科の先生に相談してみましょう。

口唇ヘルペスの写真

口唇ペルペスがどのようなものか、皮膚科などのサイトの症例写真で確認することができます。

個人のブログなどでも口唇ヘルペスが出来たときの写真を載せ、治癒するまでの経過観察をしているものもありますので、そういったサイトをご覧になると、どういった症状か大変よくわかります。

口唇ヘルペスの写真

このページのトップへ
できもの
できもの 〜イボ、魚の目、ほくろ〜
舌のできものについて
唇のできものについて
口唇ヘルペスについて
口唇ヘルペスの薬について
口唇ヘルペス用の軟膏
口唇ヘルペスの症状
口角炎について
口角炎の原因について
口角炎とヘルペス
口の中のできものについて
歯茎のできものについて
目のできものについて
頭皮のできものについて
おしりのできものについて
肛門のできものについて
陰部のできものについて
脂肪腫について
皮膚腫瘍について
舌炎について
毛膿炎について
舌痛症について
白板症について
舌苔について
舌癌について
粘液嚢胞について
石灰化上皮腫について
有郭乳頭について
ベーチェットについて
舌乳頭腫について
足底腱膜炎について
多発性脂腺嚢腫症について
いぼ(イボ)
イボ(いぼ)治療について
いぼの種類について
首のイボについて
顔のイボについて
ウイルス性イボについて
イボと液体窒素の治療
スキンタッグについて
イボコロリについて
見張りイボについて
魚の目
うおの目(鶏眼)について
魚の目(うおの目、鶏眼)の治療について
魚の目(鶏眼)治療の薬について
魚の目(鶏眼)の写真について
魚の目、たこの治療について
ほくろ
ほくろは増える?
ほくろと癌(がん)について
ほくろの毛について
ほくろ除去について
ほくろ除去の皮膚科での治療について
ほくろ除去に保険は適用される?
ほくろを除去するクリームについて
ほくろのレーザー治療について
手のひらのほくろについて
足の裏ほくろについて
足の裏のほくろを手術で治す!
赤いほくろについて
ほくろ占いについて
炭酸ガスレーザーについて
いぼ痔
いぼ痔について
いぼ痔の治療について
いぼ痔の手術について