陰部のできものの種類

陰部にできものができると、気になる一方で、なかなか恥ずかしくて病院に行くことができない人が多いと思いますが、時に手遅れになると治りが困難になるものもあります。

とくに性病の場合は、人へ感染させる恐れもあるため早期治療が望ましいといえます。
陰部に発症するコンジローマのようなできものは、癌化する危険な病気もあるので、慎重にならなければいけません。

陰部にかゆみや炎症がおきている場合は、フェミニーナ軟膏が、局所麻酔成分と抗ヒスタミン成分の働きで、すばやくかゆみを鎮め、かぶれや炎症を抑えます。
デリケートゾーンのかゆみ・かぶれをすばやく鎮める治療薬です。

陰部のできもので痛みがある場合

陰部は大変デリケートな部分であるがゆえ、できものができると、非常にやっかいです。
丸いできものができ、痛みが発症している場合は、バルトリン腺嚢種や毛嚢炎などが疑われます。

バルトリン腺嚢種は、そのままにしていて治ることもあれば、ゴルフボールぐらいに肥大化することもあるそうなので、早めの治療が望ましいようです。

毛嚢炎は、ナプキンや下着の摩擦刺激によって起こったり、性交渉の刺激などでおこったりしますが、自然に治ることが殆どで、特に心配な症状ではありませんが、いずれも痛みも伴うできものです。
場所的に恥ずかしい場所ではありますが、悪化するまえに早めに治しておくことが望ましいです。

陰部のできもの―女性の場合

女性の陰部にできるできもののうち、痛みがなく、しこりのようなものができている場合は、脂肪腫やアテローマの場合が多いです。

その他、外陰ヘルペスやバルトリン腺膿瘍、など痛みがあるものもあります。
痛みの有無に関わらず、異変を感じたら、すぐに婦人科を受診しましょう。

婦人科で陰部のできものを診察してもらいましょう

女性の陰部に、できものができた場合は、婦人科を受診しましょう。
女性は、子宮がん検診や妊娠などにより、婦人科を訪れる機会がわりとあるため、男性が泌尿器科へ行くのを比べると、比較的抵抗なく受診できるのではないでしょうか。

また婦人科であれば、できもの以外にも、その他の異変についても調べてもらえるので安心です。
陰部のできものに関しては、殆どの場合婦人科で対応してもらえます。
時に外科的処置を必要とすることもあります。

何にせよ早期発見が大切です。
年に1度定期検診をかねて診察を受けることをおすすめします。

このページのトップへ
できもの
できもの 〜イボ、魚の目、ほくろ〜
舌のできものについて
唇のできものについて
口唇ヘルペスについて
口唇ヘルペスの薬について
口唇ヘルペス用の軟膏
口唇ヘルペスの症状
口角炎について
口角炎の原因について
口角炎とヘルペス
口の中のできものについて
歯茎のできものについて
目のできものについて
頭皮のできものについて
おしりのできものについて
肛門のできものについて
陰部のできものについて
脂肪腫について
皮膚腫瘍について
舌炎について
毛膿炎について
舌痛症について
白板症について
舌苔について
舌癌について
粘液嚢胞について
石灰化上皮腫について
有郭乳頭について
ベーチェットについて
舌乳頭腫について
足底腱膜炎について
多発性脂腺嚢腫症について
いぼ(イボ)
イボ(いぼ)治療について
いぼの種類について
首のイボについて
顔のイボについて
ウイルス性イボについて
イボと液体窒素の治療
スキンタッグについて
イボコロリについて
見張りイボについて
魚の目
うおの目(鶏眼)について
魚の目(うおの目、鶏眼)の治療について
魚の目(鶏眼)治療の薬について
魚の目(鶏眼)の写真について
魚の目、たこの治療について
ほくろ
ほくろは増える?
ほくろと癌(がん)について
ほくろの毛について
ほくろ除去について
ほくろ除去の皮膚科での治療について
ほくろ除去に保険は適用される?
ほくろを除去するクリームについて
ほくろのレーザー治療について
手のひらのほくろについて
足の裏ほくろについて
足の裏のほくろを手術で治す!
赤いほくろについて
ほくろ占いについて
炭酸ガスレーザーについて
いぼ痔
いぼ痔について
いぼ痔の治療について
いぼ痔の手術について