足の裏ほくろ(ホクロ)とは

足の裏にあるほくろは大人の場合、悪性の危険性があるため危険だそうです。

そもそも、足の裏や手のひらなど、ほくろが出来にくいとされる部位に出来た場合は要注意です。

その他、口腔内や唇や性器など、粘膜の部分にできるほくろも、皮膚癌の恐れがあるため切除が望ましいです。

足の裏のほくろと癌(がん)の関係

足の裏にあるほくろが全て癌の可能性があるわけではありません。

大きさや色などである程度、医者なら特定することができるようですが、たとえ良性のものであっても、歩行などの刺激で悪性へ変化する恐れがあります。

皮膚癌を未然に防ぐためにも、足の裏にほくろを見つけた場合は、すぐに皮膚科へ行って診てもらいましょう。

足の裏のほくろを除去するには

足の裏にあるほくろは良性の場合でも除去することが望ましいです。

足の裏や手のひらなどのほくろの出現はメラノーマの特徴です。
ほくろを除去しけば皮膚癌の危険も回避できます。
早めの処置を取るようにしましょう。

足の裏のほくろを皮膚科で治療

足の裏にほくろが出来たら速やかに皮膚科を受診しましょう。
緊急性があるものかどうか医者によって知ることができます。

またほくろ除去手術も皮膚科で受けることが可能です。
足の裏にほくろを発見したら、なにはともあれ、まずは皮膚科へ行く事が先決です。

足の裏のほくろの写真

足の裏にできたほくろを写真で紹介しているサイトを見かけたりします。
また皮膚科のHPでも、悪性黒色腫がどのようなものかを写真で知ることが出来ます。

こういった写真と自分のほくろを見比べてみてください。
似てると思ったらすぐに皮膚科で観てもらいましょう。
普通のほくろの場合は良性のことが多いので、急を要するものではないかもしれませんが、念のため一度医者に観てもうらことをおすすめします。
切る前に生検といって組織を調べることも可能です。

足の裏のほくろの写真1

足の裏のほくろ―子供の場合

大人では危険な足の裏のほくろですが、子供の場合は例外です。
あなたのお子様の足の裏にほくろを発見しても慌てる必要はありません。

子供の場合、悪性化する恐れは極めて低いそうです。
どうしても気になるようなら切除してもらうのも良いでしょう。

しかし子供の場合は成長するにつれて、形も大きさも色も変わってきます。
時に自然に消えることもあるようなので、まずは様子を見ると良いのではないでしょうか。

以下の本では、足部の基礎知識ととも、足部疾患全般にわたり、豊富な図や写真で解説されています。

このページのトップへ
できもの
できもの 〜イボ、魚の目、ほくろ〜
舌のできものについて
唇のできものについて
口唇ヘルペスについて
口唇ヘルペスの薬について
口唇ヘルペス用の軟膏
口唇ヘルペスの症状
口角炎について
口角炎の原因について
口角炎とヘルペス
口の中のできものについて
歯茎のできものについて
目のできものについて
頭皮のできものについて
おしりのできものについて
肛門のできものについて
陰部のできものについて
脂肪腫について
皮膚腫瘍について
舌炎について
毛膿炎について
舌痛症について
白板症について
舌苔について
舌癌について
粘液嚢胞について
石灰化上皮腫について
有郭乳頭について
ベーチェットについて
舌乳頭腫について
足底腱膜炎について
多発性脂腺嚢腫症について
いぼ(イボ)
イボ(いぼ)治療について
いぼの種類について
首のイボについて
顔のイボについて
ウイルス性イボについて
イボと液体窒素の治療
スキンタッグについて
イボコロリについて
見張りイボについて
魚の目
うおの目(鶏眼)について
魚の目(うおの目、鶏眼)の治療について
魚の目(鶏眼)治療の薬について
魚の目(鶏眼)の写真について
魚の目、たこの治療について
ほくろ
ほくろは増える?
ほくろと癌(がん)について
ほくろの毛について
ほくろ除去について
ほくろ除去の皮膚科での治療について
ほくろ除去に保険は適用される?
ほくろを除去するクリームについて
ほくろのレーザー治療について
手のひらのほくろについて
足の裏ほくろについて
足の裏のほくろを手術で治す!
赤いほくろについて
ほくろ占いについて
炭酸ガスレーザーについて
いぼ痔
いぼ痔について
いぼ痔の治療について
いぼ痔の手術について