脂肪腫の種類や、切除手術、原因など

脂肪腫とは、皮下に出来るできものの一種で、良性の腫瘍です。
脂肪腫は大きくわけて、浅在性脂肪腫と深在性脂肪腫の二つにわかれるといいます。

浅在性脂肪腫は皮下組織に見られるものをいい、深在性脂肪腫は筋肉内、筋肉間、筋膜下に見られるものをいうそうです。
大きさは数ミリから数センチと幅がありますが、殆どの場合、痛みがありません。
触った感触も柔らかく、見た目はドーム状に皮膚が盛り上がったようになっています。

体のどの部分にも発生する可能性がありますが、特に多く発生するのは肩や頸、背中などに出来やすいと言われています。
その次に、上腕、臀部、大腿など胴体に近い四肢に出来やすいそうです。
まれに顔や頭、膝より下の足にも発生しますが、ごく稀です。

脂肪腫は主に幼少期に出来ると言われていますが、徐々にゆっくりと成長していくため、脂肪腫に気付くのはだいたい40〜50歳になってからということが多いです。
また、男性より女性に多く発生し、統計定期に肥満の人に多いそうです。

脂肪腫は、とくに体に害はないためそのままにしているという人も多いのではないでしょうか。
ただ、できた部位によっては気になったり、圧迫によって痛みが生じたりと支障が生じた場合、切除することが望ましいといえます。
脂肪腫の切除は外科により摘出手術が行われます。
摘出時は脂肪腫の被膜を破らないように丁寧に周囲の組織から離して摘出します。
これも滅多にないことですが、ごくまれに巨大な脂肪腫の場合、脂肪吸引による摘出手術が行われることもあるそうです。
一度摘出しても、再発する人も中にはいるようですが、殆どの場合、再発はないそうです。

脂肪腫が出来る原因として言われているのは、遺伝子異常や脂肪細胞が増えることが要因になっているようですが、現状はっきりとした原因は未だに解明されてないそうです。
ただ、体質的に、出来やすい、出来にくいといったものもあるようですね。

脂肪腫とよく間違われるものに粉瘤があります。
別名アテロームと言われていますが、これは皮脂や角質などの老廃物が溜まって袋状になったもので、脂肪腫とは異なります。
疑わしいものがあったら、一度検査を受けてみましょう。

以下の本では、非上皮性腫瘍(脂肪腫・平滑筋腫・骨腫と類症)、非上皮性腫瘍(リンパ球・組織球性など)、転移性皮膚腫瘍、光線過敏性皮膚疾患、物理的障害と類症、口腔粘膜・舌の疾患等の皮膚科治療について詳しく解説しています。

このページのトップへ
できもの
できもの 〜イボ、魚の目、ほくろ〜
舌のできものについて
唇のできものについて
口唇ヘルペスについて
口唇ヘルペスの薬について
口唇ヘルペス用の軟膏
口唇ヘルペスの症状
口角炎について
口角炎の原因について
口角炎とヘルペス
口の中のできものについて
歯茎のできものについて
目のできものについて
頭皮のできものについて
おしりのできものについて
肛門のできものについて
陰部のできものについて
脂肪腫について
皮膚腫瘍について
舌炎について
毛膿炎について
舌痛症について
白板症について
舌苔について
舌癌について
粘液嚢胞について
石灰化上皮腫について
有郭乳頭について
ベーチェットについて
舌乳頭腫について
足底腱膜炎について
多発性脂腺嚢腫症について
いぼ(イボ)
イボ(いぼ)治療について
いぼの種類について
首のイボについて
顔のイボについて
ウイルス性イボについて
イボと液体窒素の治療
スキンタッグについて
イボコロリについて
見張りイボについて
魚の目
うおの目(鶏眼)について
魚の目(うおの目、鶏眼)の治療について
魚の目(鶏眼)治療の薬について
魚の目(鶏眼)の写真について
魚の目、たこの治療について
ほくろ
ほくろは増える?
ほくろと癌(がん)について
ほくろの毛について
ほくろ除去について
ほくろ除去の皮膚科での治療について
ほくろ除去に保険は適用される?
ほくろを除去するクリームについて
ほくろのレーザー治療について
手のひらのほくろについて
足の裏ほくろについて
足の裏のほくろを手術で治す!
赤いほくろについて
ほくろ占いについて
炭酸ガスレーザーについて
いぼ痔
いぼ痔について
いぼ痔の治療について
いぼ痔の手術について