皮膚腫瘍の種類など

皮膚腫瘍とは、体の組織が病変したもので、良性のものと悪性のものがあります。

よく間違われるのができものです。
できものは細菌などの感染が原因で皮膚が隆起しておこるものです。
ぱっと見た目が似ているため、最初はただのできものだと勘違いして皮膚腫瘍だと気付かないケースも少なくありません。

ただ、できものの場合は、赤みを帯びていたり、痛みがあったりとすることもあり、暫くすれば自然に治ることもあります。
しかし、皮膚腫瘍の場合は自然治癒がないため、放置しているといつまでも残ります。
なかなか治らないことで皮膚腫瘍だと気付く人も多いでしょう。

では皮膚腫瘍にはどのようなものがあるのでしょうか。
例えば、代表的な皮膚腫瘍に粉瘤というものがあります。
これはいわゆる脂肪の塊のようなもので、全身どこにでも出来る可能性があります。
一番ポピュラーな皮膚腫瘍の一つです。

良性の場合、そのままにしておいても問題はないですが、発生した部位によっては圧迫によって痛みがでることがあります。
その場合は、すみやかに摘出手術を受けるようにしましょう。
粉瘤は一度とっても違う部位に再発することもあります。

その他の皮膚腫瘍として有名なのが、まだ記憶にあたらしい、みのもんたさんの奥様が患った皮膚腫瘍ではないでしょうか。
一見すると、ほくろのように見えるため、これが皮膚腫瘍(がん)とは気付かずに、気付いたころには転移してしまっているということもあります。
足の裏や手のひらなど、ほくろができにくいといわれる部分に出来たほくろは注意が必要です。
また、新たにほくろがふえたり、短期間で大きさや形が変化するようであれば悪性の疑いが出てきます。

疑わしいほくろのようなものが出来たら、すぐに皮膚科で診察を受けましょう。
私も足の裏にあったほくろの除去手術をつい先日受けました。
検査結果は幸い両性でしたが、やはり先生は足の裏のほくろは刺激をもろに受けるため後に悪性化する可能性もあるので取っておくほうが望ましいとおっしゃっていました。
早期発見、早期治療を心掛けていきましょうね。

以下の本は、皮膚腫瘍のWHO分類を中心としながらも、その矛盾点を整理・訂正した形で組織分類を提示し、アトラスとして明快に解説しています。
2は、メラノサイト系腫瘍とリンパ・組織球・造血系腫瘍を収録する解説本となっています。

このページのトップへ
できもの
できもの 〜イボ、魚の目、ほくろ〜
舌のできものについて
唇のできものについて
口唇ヘルペスについて
口唇ヘルペスの薬について
口唇ヘルペス用の軟膏
口唇ヘルペスの症状
口角炎について
口角炎の原因について
口角炎とヘルペス
口の中のできものについて
歯茎のできものについて
目のできものについて
頭皮のできものについて
おしりのできものについて
肛門のできものについて
陰部のできものについて
脂肪腫について
皮膚腫瘍について
舌炎について
毛膿炎について
舌痛症について
白板症について
舌苔について
舌癌について
粘液嚢胞について
石灰化上皮腫について
有郭乳頭について
ベーチェットについて
舌乳頭腫について
足底腱膜炎について
多発性脂腺嚢腫症について
いぼ(イボ)
イボ(いぼ)治療について
いぼの種類について
首のイボについて
顔のイボについて
ウイルス性イボについて
イボと液体窒素の治療
スキンタッグについて
イボコロリについて
見張りイボについて
魚の目
うおの目(鶏眼)について
魚の目(うおの目、鶏眼)の治療について
魚の目(鶏眼)治療の薬について
魚の目(鶏眼)の写真について
魚の目、たこの治療について
ほくろ
ほくろは増える?
ほくろと癌(がん)について
ほくろの毛について
ほくろ除去について
ほくろ除去の皮膚科での治療について
ほくろ除去に保険は適用される?
ほくろを除去するクリームについて
ほくろのレーザー治療について
手のひらのほくろについて
足の裏ほくろについて
足の裏のほくろを手術で治す!
赤いほくろについて
ほくろ占いについて
炭酸ガスレーザーについて
いぼ痔
いぼ痔について
いぼ痔の治療について
いぼ痔の手術について