毛膿炎とは

毛膿炎(もうのうえん)とは毛穴の奥にあるも毛包がブドウ球菌に感染して炎症を起こしたものです。
見た目が「にきび」と似ているため、にきびと間違う人も多いようですが、ニキビほど痛みもなく、比較的すぐに治癒するので、気付いたら無くなっているという場合が多いのが毛膿炎の特徴です。

毛膿炎がしこりになる場合

毛膿炎は毛穴が2,3oはれ上がり、中に膿を持った皮膚疾患です。
小さいうちはそれほど痛みを感じませんが、酷くなると痛みが強くなります。
毛穴に膿を含んでるため、にきびのようなしこりができます。
皮膚表面が破れて膿が出てくると、しこりもなくなり、毛膿炎も治ります。

毛膿炎は頭皮にできることが多い

頭皮に出来るにきびは毛膿炎の可能性が高いと思います。
頭皮の新陳代謝が過剰になると頭皮が汚れやすくなります。
洗髪で綺麗に落ち切れなかった汚れが毛穴を詰まらせてしまうことが、毛膿炎を発症させる多くの原因です。

毛膿炎は陰部にできることもある

毛膿炎は陰部にも発症します。
陰部は痛みにも敏感なため、他の部位にできる毛膿炎よりも陰部にできた毛膿炎は痛む場合が多いようです。
あまり腫れや痛みが酷い場合は病院で膿を出してもらうか、治療薬を処方してもらいましょう。

毛膿炎の原因

毛膿炎はムダ毛の処理が原因で起こす人が多いようです。
そのため、脱毛後数日してから毛膿炎ができている事が多いですが、大抵の場合は自然に治るのでにきびが出来たと思って毛膿炎だと気付かない人も多いようです。

毛膿炎の治療法

毛膿炎は数日すれば皮膚表面が破れて中に溜まっていた膿が出ることで自然に治癒しますが、酷くなった場合は抗生剤などを用いて治療することもあります。
細菌の感染によって発症する疾患なので、肌を清潔に保つことが一番の治療法と言えるのではないでしょうか。

毛膿炎の治療薬 (市販薬、塗り薬)

毛膿炎になった場合、炎症を抑えるために抗生剤が配合された内服薬や塗り薬が主に処方されます。
ミノマイシンやケフラール、クラビット、リンデロンなどが主な処方薬ですが、一般の薬局でも手に入る市販薬でも同様の効果のものが売られています。 薬剤師さんに聞けばすぐにわかると思いますので、病院に行くほどでもない場合は市販薬でも十分治療効果は得られると思います。

ドルマイシン軟膏は、2種類の抗生物質を配合した化膿止めの軟膏です。

A・I・Dソープは、ニキビ・吹き出物や毛膿炎の原因になる顔ダニ対策として、話題の石鹸です。

このページのトップへ
できもの
できもの 〜イボ、魚の目、ほくろ〜
舌のできものについて
唇のできものについて
口唇ヘルペスについて
口唇ヘルペスの薬について
口唇ヘルペス用の軟膏
口唇ヘルペスの症状
口角炎について
口角炎の原因について
口角炎とヘルペス
口の中のできものについて
歯茎のできものについて
目のできものについて
頭皮のできものについて
おしりのできものについて
肛門のできものについて
陰部のできものについて
脂肪腫について
皮膚腫瘍について
舌炎について
毛膿炎について
舌痛症について
白板症について
舌苔について
舌癌について
粘液嚢胞について
石灰化上皮腫について
有郭乳頭について
ベーチェットについて
舌乳頭腫について
足底腱膜炎について
多発性脂腺嚢腫症について
いぼ(イボ)
イボ(いぼ)治療について
いぼの種類について
首のイボについて
顔のイボについて
ウイルス性イボについて
イボと液体窒素の治療
スキンタッグについて
イボコロリについて
見張りイボについて
魚の目
うおの目(鶏眼)について
魚の目(うおの目、鶏眼)の治療について
魚の目(鶏眼)治療の薬について
魚の目(鶏眼)の写真について
魚の目、たこの治療について
ほくろ
ほくろは増える?
ほくろと癌(がん)について
ほくろの毛について
ほくろ除去について
ほくろ除去の皮膚科での治療について
ほくろ除去に保険は適用される?
ほくろを除去するクリームについて
ほくろのレーザー治療について
手のひらのほくろについて
足の裏ほくろについて
足の裏のほくろを手術で治す!
赤いほくろについて
ほくろ占いについて
炭酸ガスレーザーについて
いぼ痔
いぼ痔について
いぼ痔の治療について
いぼ痔の手術について