舌痛症とは

舌痛症とは、舌がヒリヒリしたりジンジンしたりと、器質的な変化が無いにもかかわらず、何らかの痛みや違和感を慢性的に感じる病気です。

検査をしても血液検査でも異常は見られず、決定的な要因が見つからないのが特徴です。

また、舌痛症は不眠や肩凝りの症状を伴う場合が多いそうです。

舌痛症の症状

舌痛症の症状は、火傷したようなヒリヒリとした灼熱感や痛み、舌の痺れ、歯がこすれるような痛みといった症状が特徴的です。

また、40〜60代の中高年女性が中心で、几帳面で真面目な性格の人に多く発症する傾向があります。

また外的要因として、入れ歯や銀歯などの歯科治療が原因で発症する場合もあるようです。

舌痛症の原因

舌痛症が発症する原因は検査しても特に何も異常が見られないことから現在もはっきりと解明されていない現状です。

飴やガムを食べているときや、何かに熱中しているときはさほど痛みを感じないため、主に心的ストレスが原因との見方が大きいものの、近年では神経痛に近い病気ではないかとも言われています。

舌痛症の治療法について

舌痛症はこれといった原因が解明されていない病気だけに治療も難しいところです。
一般的には舌の痛みを和らげるための消炎鎮痛剤の投与となりますが、あまり効果は得られないとも言われています。

現在最も効果的だといわれる治療は抗うつ薬を中心とした薬物治療だそうですが、うつ病の薬と効いて治療を拒否する人も多いといいます。
ただ、現在のところは、抗うつ剤を投与することによって痛みを止める鎮痛効果が一番有効であると科学的にも証明されているそうです。

舌痛症を病院で治療する場合

舌痛症を治療するためには何科を受診すれば良いのか迷いますよね。
現在は神経的な要因が主と見られていることから、神経内科(内科)や呼吸器科、歯科口腔外科などが主です。

皆さん初めは歯医者や耳鼻科を受診することが多いですが、そこで原因が見つからなかった場合は内科、神経内科、脳神経外科、などいろんな科を回るようですね。
病院はやはり小さな町医者よりも複数の科がある総合病院が良いでしょう。

舌痛症と漢方薬

舌痛症は不治の病ではありませんので、気付かないうちに完治していたなんてことも普通にあります。

また舌痛症と診断されて抗うつ剤を投与されたが、どうも抵抗があるという方におすすめなのが漢方薬です。
一度漢方を試して、改善が見られなければ抗うつ剤を使用しても良いかもしれません。

漢方はじっくり体質改善をして治していくため比較的長い期間の服用が必要になります。
漢方は加味逍遙散や柴朴湯などを初め様々な種類の薬があります。

漢方は改善率も比較的高く、舌痛症以外にも肩凝り改善などの効果も得られるようです。

このページのトップへ
できもの
できもの 〜イボ、魚の目、ほくろ〜
舌のできものについて
唇のできものについて
口唇ヘルペスについて
口唇ヘルペスの薬について
口唇ヘルペス用の軟膏
口唇ヘルペスの症状
口角炎について
口角炎の原因について
口角炎とヘルペス
口の中のできものについて
歯茎のできものについて
目のできものについて
頭皮のできものについて
おしりのできものについて
肛門のできものについて
陰部のできものについて
脂肪腫について
皮膚腫瘍について
舌炎について
毛膿炎について
舌痛症について
白板症について
舌苔について
舌癌について
粘液嚢胞について
石灰化上皮腫について
有郭乳頭について
ベーチェットについて
舌乳頭腫について
足底腱膜炎について
多発性脂腺嚢腫症について
いぼ(イボ)
イボ(いぼ)治療について
いぼの種類について
首のイボについて
顔のイボについて
ウイルス性イボについて
イボと液体窒素の治療
スキンタッグについて
イボコロリについて
見張りイボについて
魚の目
うおの目(鶏眼)について
魚の目(うおの目、鶏眼)の治療について
魚の目(鶏眼)治療の薬について
魚の目(鶏眼)の写真について
魚の目、たこの治療について
ほくろ
ほくろは増える?
ほくろと癌(がん)について
ほくろの毛について
ほくろ除去について
ほくろ除去の皮膚科での治療について
ほくろ除去に保険は適用される?
ほくろを除去するクリームについて
ほくろのレーザー治療について
手のひらのほくろについて
足の裏ほくろについて
足の裏のほくろを手術で治す!
赤いほくろについて
ほくろ占いについて
炭酸ガスレーザーについて
いぼ痔
いぼ痔について
いぼ痔の治療について
いぼ痔の手術について