白板症(はくばんしょう)の症状

白板症とは口腔粘膜に白い苔のようなものが出来る症状の病気で、前ガン病変の一種と言われています。
癌化率は5〜15%程度だそうです。
病変は硬く、大きさも小さいものから口腔全体に及ぶものまで様々だそうです。
とくに痛みもなく自覚症状がないことも特徴です。

白板症の病理検査

白板症は悪性の場合があるため、切除後は病理検査で悪性かどうかを調べる必要があります。
白板症は前ガン病変といわれますが、殆どの場合、癌化することがなく、疑わしい場合は見た目である程度判断できるそうで、胃形成だと思われる場合は一部を切除して病理検査が行われます。

白板症による痛み

白板症は痛みもなく、食事の際にも沁みることがないことから、病状に気付かない人も多いですが、時に沁みるような痛みや、接触通を訴える人もいます。

口腔白板症について

口腔白板症とは口腔粘膜に生じる病変で摩擦によって除去できない白色の板状、もしくは斑状の角化性病変と定義されています。
生検にて病理検査を行い、良性か悪性かの判定を行います。
良性の上皮内癌と判定された場合、口腔扁平上皮内癌として診断されます。

喉頭白板症(声帯白板症)について

喉頭白板症は、上皮の増生によって声帯に白色の隆起が見られる症状で、声帯白板症とも言われます。
過度な喫煙による刺激が喉頭白板症の原因になることが多いそうで、上皮内癌が含まれる可能性があると言います。

白板症の原因

白板症ができる原因は現代でも未だに判明していなく、不明だともいわれていますが、一般的に考えられている原因は、義歯や歯科治療で使う金属などによる物理的な刺激、喫煙、辛いものなどの刺激物の過剰摂取、カンジダ菌、ビタミンAの不足などがあげられます。

白板症の治療

白板症の治療はまず、原因な明らかなものの場合は、まず原因物質を取り除きますが、白板症は悪性の可能性も少なからずあるため、一部を採取して生検を行います。
また、長い間病変がある場合は癌化するケースも踏まえて、手術による切除や凍結治療などによる病変の除去を行います。

以下の本では、白板症の症状と経過観察を含め、口腔外科治療について詳細に解説しています。

このページのトップへ
できもの
できもの 〜イボ、魚の目、ほくろ〜
舌のできものについて
唇のできものについて
口唇ヘルペスについて
口唇ヘルペスの薬について
口唇ヘルペス用の軟膏
口唇ヘルペスの症状
口角炎について
口角炎の原因について
口角炎とヘルペス
口の中のできものについて
歯茎のできものについて
目のできものについて
頭皮のできものについて
おしりのできものについて
肛門のできものについて
陰部のできものについて
脂肪腫について
皮膚腫瘍について
舌炎について
毛膿炎について
舌痛症について
白板症について
舌苔について
舌癌について
粘液嚢胞について
石灰化上皮腫について
有郭乳頭について
ベーチェットについて
舌乳頭腫について
足底腱膜炎について
多発性脂腺嚢腫症について
いぼ(イボ)
イボ(いぼ)治療について
いぼの種類について
首のイボについて
顔のイボについて
ウイルス性イボについて
イボと液体窒素の治療
スキンタッグについて
イボコロリについて
見張りイボについて
魚の目
うおの目(鶏眼)について
魚の目(うおの目、鶏眼)の治療について
魚の目(鶏眼)治療の薬について
魚の目(鶏眼)の写真について
魚の目、たこの治療について
ほくろ
ほくろは増える?
ほくろと癌(がん)について
ほくろの毛について
ほくろ除去について
ほくろ除去の皮膚科での治療について
ほくろ除去に保険は適用される?
ほくろを除去するクリームについて
ほくろのレーザー治療について
手のひらのほくろについて
足の裏ほくろについて
足の裏のほくろを手術で治す!
赤いほくろについて
ほくろ占いについて
炭酸ガスレーザーについて
いぼ痔
いぼ痔について
いぼ痔の治療について
いぼ痔の手術について